ゴールドカードなどのクレジットカード、利用額はプロミスの審査に影響する?

クレジットカードを持っている人は今では非常に多くなっています。
現金主義を貫いている方もまた少なくはないかと思いますが、インターネットでの決済や普段の買い物の支払いにも便利になっているだけではなくポイントを貯めることができるためお得にもなっています。
通常のクレジットカードだけではなくゴールドカードを持っている方も多くその利用者の数は増える一方となっています。
クレジットカードが一般に普及し始めたのがバブル期であると言われています。
想像がつきやすいものです。
商品代金を後から支払うということになんの不安もない時代でしょう。
これから先の収入が減ることなど想像がつかない時代だったためにクレジットカードの普及は急速であったことが考えられるものです。

プロミスに申し込みをするときの審査で、カードローンや、クレジットカードの利用額は影響をするのでしょうか。
クレジットカードのショッピング枠は貸金業の管轄ではありませんが、キャッシング機能を利用している場合にはそれは貸金業の管轄となります。
つまり同じ一枚のクレジットカードでもショッピング枠とキャッシング枠がありそれぞれに管轄されているものが違うというわけです。

クレジットカードはショッピング機能がメインとなっておりキャッシング機能はあくまでもサブ的なポジションにあります。
そのため大きな金額を借り入れをすることはできませんが、総量規制の対象になりますのでプロミスの審査で総量規制の範囲内であることを調べるときに加えられる項目となっています。